意識をして必要だった横浜の出会い

2019.07.03 Wednesday 11:31
0

     

     


    私は黙れなかった。

    まず第一に横浜の出会い
    「ああ、私は泣いている。もう少し普通に話をしたらどうだろう」

    "あなたは何者ですか"
    そして、私はキスした力で顔に近づいていました。

    「ああ、目撃者」

    「急ブレーキ、踏んでいた?見たことある?」横浜の出会い
    そして私は私についても脅迫的な力で言ったから

    「私はブレーキを踏んでいなかったと思います。ドライブレコーダーを持ったおじさんの車、そうでしょ?整えます、

    一緒に私たちは生き残ります。

    横浜の出会い、横浜国立大学名誉教授)

    それは私たちの周りにも当てはまると思います。

    森をたどることが必要だと思いました。

     

    「両目と両手がある。

    片目で自分を見てください。

    もう一つ目は
    人を見てください。

    片手は私のためです。

    もう一方の手を必要としている人に渡してください。 「

    (オードリー・ヘップバーン)

    「海よりも壮大

    物事は空です。

    空よりもさらに壮大

    それは人間の心です」

    (詩人ビクターヒューゴ)

    みんなが壮大な心を意識している

     

     

    横浜出会い

     

    一緒に住む

    行こう。
    こんばんは輝く
    (* ▽゚))いいえ


    久しぶりの日記です


    物語はフードコートについてです...

    仕事中に何らかの理由で食事をすることはありません。
    ヽ(*∀∀`)/とってもたのしい心3横浜の出会い


    私は食べ物を買うつもりですが、binboで

    「食べるときは水やお茶以外は食べない」

    私は非常に昔ながらの家族で育ったので、ジュースを注文する余裕はありませんが、私は水で仕上げることができます
    (〃Ω〃)

    横浜の出会い
    それから私は各皿を提供する店から紙コップを得ます、私は給水装置によって紙コップを得て、そしてそれに水を入れます、そしてそれは一般的なシステムです...

    給水システムは至る所にあります。レバーを押すと水が

    「チャット…」男が出てきた

    私は食べ物が冷たい、そして音が大きなページャーのようなページャーのような大きな音のようである私は私が食べ物を受け取るために箸を終えて水供給装置に行くだけでちょっと恥ずかしいです紙コップを手に
    ヽ(*∀∀`)/いそぎしハート3横浜の出会い


    よくレバーを押す...


    「!!」 「!!」 「!!」 (Д;;)「!!」 「!!」 「!!」

    category:- | by:yokohama766comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM